スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼミ展への道 その4

皆さんこんばんわ、今日はいよいよ本番まであと約1週間になったゼミ展の準備の続きについて書きたいと思います!

まず先週の金曜日と今週の月曜日、いよいよ作品の本プリントを開始しました!
今回プリントに使ったプリンタは、SHPというプリンタです。
簡単に言いますと、普通はデジタル写真の場合、インクジェットのプリンタを使ってプリントしますが、このSHPの場合は、デジタル写真をフィルム写真(銀塩写真)のプリント紙にプリントできるプリンタです。
普通の写真プリントのお店なんかには置いてないですね、プロラボという更に上のランクのプリント屋さんなんかにある機械です。たしかこのSHP1台のお値段が、フェラーリ1台分位だったと思います、、、(゚▽゚ )エ? (笑)

じゃあインクジェットプリントと銀塩印画紙のプリントはどう違うのか? といいますと、、、、色の発色や階調・描写力が違う!、、、、と思います。(笑)


できたてホヤホヤの作品です。(笑)
ゼミ展への道 その4 01
色を落ち着かせるため30分程乾燥させます、ちなみにこの作品のサイズはA3ノビです。



さてプリントが終わりましたら写真のように余白部分をカットしていきます。
ゼミ展への道 その4 02
良く切れるカッターで一発で決めます!
気を抜いたら定規がずれます、、、、実は一枚ちょっとだけズレました(笑)



さてカッティングが終わりましたら、傷やスレがつかないように薄い紙で一枚一枚、写真を包みます。
ゼミ展への道 その4 03
さらに厚い段ボールでペッタンコ!
額に入れるまでの間、平らな場所で保管します。


この後、先生に一度見せて作品全体の雰囲気(色合いやコントラスト)が統一されているか見てもらいます。
幸いにも、8枚の作品中7枚合格を貰いました!\(^ー^*)/ワ~イ
残る1枚ですが、写真的には悪くないのですが作品としてみた時、インパクトが無かったのでもう少し写真を弄ってみる事になりました!

ただ自分はかなりマシな方です、今回フィルム&銀塩プリントで作品を作っているゼミ生の中には、毎日のように徹夜で暗室に入っている人もいます、、、、((((;゚Д゚)))ガクブル
精神的にも、お金的(フィルム代や印画紙代)にも自分には到底耐えられないような気がします。
ただそれだけに銀塩プリントの作品は非常にキレイというか、デジタルでは表現できないような雰囲気があります。
逆に自分の計画通りに進んでいく今の状況が怖いです、、、(笑)




そして昨日(28日)は、ゼミ展に向けてのプレゼンテーションとポストカードの冊子作りでした
まずプレゼンテーションから、今回のゼミ展に参加している17人のゼミ生一人一人が、「どこの島に行ったのか?」「なぜその島を選んだのか?」「今回の作品のテーマは?」などをプレゼンしていきます。
私の所属するゼミは、3・4年生総勢16人の大所帯なのでプレゼンにも時間がかかります、、、、(^_^;)
いよいよ私のプレゼンの番が回ってきました〜((((;゚Д゚)))ガクブル
大勢の前で話すのが大の苦手なので、相当緊張しました!
因にこのプレゼンを行う理由は、ゼミ展の際にお客さんに自分以外の作品の事について質問された時にキチンと回答できるようにする為だそうです。



そしてプレゼンが終わり、次にポストカード冊子作りを始めました!
ゼミ展への道 その4 04
一人につき1作品ずつポストカードがあります。



一列にポストカードを並べ一枚ずつ上から取っていき、17枚(作品)+表紙=1部の束を作って行きます。
この後ボンドを塗る為、クリップで固定します。
ゼミ展への道 その4 05



冊子にする為、一部一部ポストカードの端にボンドを薄く塗っていきます。
ゼミ展への道 その4 06
後はボンドが乾けば完成!
これを250部作ります、、、、、クラクラ(((。o・))))メ、メマイガ・・・
固定するクリップの数も不足している為、一度に作れる数が限られます。今日は250部の3分の1作れませんでした。(笑)


こんな感じで着々とゼミ展準備は進んでいます、ゼミ展まであと1週間!
まだまだやる事はたくさんありますが、ぶっ倒れない様に頑張っていきます!(笑)



<本日の撮影機材>
iPhone4


ゼミ展への道 その2 DM





只今、東日本大震災で被災した写真の洗浄・修復プロジェクト実施中!
詳しくは↓↓↓
リンク先
写心再会プロジェクト
スポンサーサイト

カメラ診断

皆さんこんばんわ、今日は前回の続き先日に行われた「カメラ診断」について書こうと思います。

私の通っている写真学科では年一回「カメラ診断」というものが開催されます。
「カメラ診断」とは、東京などからメーカーの人を呼んで、文字通りカメラやレンズを点検・清掃してくれるイベントです。
ただ、点検・清掃をしてくれるのは、CanonとNikonとセコニック(露出計のメーカー)の3社だけです。
またカメラの点検とは別に、それぞれのメーカーが自慢のカメラやレンズなどの写真機材を展示しています。
主な参加メーカーと展示機材は以下の通りです。
Canon、、、、デジタルカメラとレンズとプリンタ
Nikon、、、、デジタルカメラとレンズ
富士フィルム、、、、X100とフィルムカメラ、印画紙
セコニック、、、、露出計
ナナオ、、、、液晶モニタ
などです。


ではまずCanonのブースから、因にカメラ診断は3つの撮影スタジオを使ってやっています。
カメラ診断 その1



が、ブースと呼ぶ程そんなに規模は大きくありません(笑)
カメラ診断 その2



この受付で自分の持ってきたカメラ名とレンズ名を一つ一つ用紙に記入します。
カメラ診断 その3
ただ自分の場合、例年機材の量が多いのと、Canonの社員さんの間で「毎年プロ並にバカ多い機材を持ってくる変わり者の学生がいる」という事が知れ渡っているみたいで、自分の名前と学籍番号を書くだけでOKです。(笑)



点検・清掃を行っている机です、たくさんの診断待ちのCanonカメラが置かれています。
カメラ診断 その4
この机以外にもあと2つ位机がありまして、その上や床にデジタル・フィルム関係なくカメラボディやレンズが置かれています。数は約50台位は軽くあると思います。(^_^;)



ここはCanonの展示コーナーですね。
これがまたいけません!(笑)
去年のカメラ診断でCanonさんが持ってきた1D Mark4、それまで1D Mark3を持ってたので「買わないぞ〜」「買わないぞ〜」と自分に言い聞かせていましたが、ここで触ってしまったが最後、カメラ診断の2ヶ月後にはなぜか手元にありました!(笑)また、この展示スペースでは毎年目玉レンズが展示されている(一昨年はEF200mm F2L IS USM、去年はEF400mm F4 DO IS USM)ので、今年は新型サンニッパかヨンニッパを期待していたのですが、今年の新商品はEF70-300mm F4-5.6L IS USMでした、、、、残念!( T_T)
因にパンフレットの持ち帰りも、もちろん自由です♪
カメラ診断 その5
Canonの社員さん曰く、詳しくは書けませんがやはり震災の影響でレンズ生産に影響が出ているそうです。
「来年は是非とも新型サンニッパかヨンニッパ、そして新型魚眼ズームを持ってきてください!」と要望を伝えときました!(笑)
また先ほども述べましたが、たくさんCanonの機材を毎年持っくる自分なのでCanonの社員さんに顔を覚えられまして、、、(^_^;)展示スペースに展示されているカメラ・レンズを気軽に貸してもらえます。しかもCFを持参すれば撮影データももって帰れますので、今年も気になっていたレンズを2本貸して頂き、テストさせて貰いました。
テスト画像は後ほど、、、、



続いては、ニコンのブース!
カメラ診断 その6



規模的にはCanonと同じ位です。
カメラ診断 その7
因に去年のカメラ診断は、「CanonとNikonのブースを同じスタジオの中にしたら競い合って面白いんでない?」という写真学科の先生の提案で、同じスタジオの中でCanonとNikonが並んで行いましたが、今年は元の配置に戻っていました(笑)



こちらはNikonの展示コーナーです。
カメラ診断 その9
Canonに比べ、POPを使って奇麗に展示されてますね。さすがNikon!
Nikonの現行機種勢揃いです、、、、あれ?D700が置かれてない、、、、ということは近々新型が、、、(゚ロ゚)
あくまで私の予想です(笑)



こちらはNIkonの診断している所です。
カメラ診断 その10
点検・清掃してくれてるCanonやNikonの社員さんは決して下請け会社の人じゃないですよ〜。
わざわざこの為だけに東京から来て頂いてる本物の社員さんです(笑)


こちらはナナオのブース!、ナナオといえば高性能液晶モニタのメーカーとして有名ですね(^^)
カメラ診断 その11
自分はまだ持っていませんが、写真学科では何台か導入しています。
やはり普通の液晶モニタと比べてみて、全然写りが違います!言葉ではうまく表現できませんが全然違います!
ただお値段もデジタル一眼が買えてしまう位Bigですが、、、、(笑)
いつかは欲しいですねぇ〜(≧∇≦)



写真にはございませんが、この他にも富士フィルムやセコニックが来ています。
富士フィルムは、今年話題になり私も買ってしまった、Fujifilm X100を展示していました!
やはり話題の製品、多くの学生や教員の皆さんが手に取って見ていました。

セコニックは写真を嗜んでいる人は知っているかと思いますが、日本が誇る大手露出計メーカーさんです!
かくいう私もセコニックの露出計を持っていまして、毎年このカメラ診断で点検してもらいます。
またセコニック現行の露出計も展示しています、今年はセコニック創立60周年だそうで、記念に限定発売された「世界初のボディカラーの選べる露出計」も展示していました!
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20110621_454817.html

因に私の機材は診断の結果、、、、全部異常なし!でした! (^_^)ノヨカッター
また清掃もしてくれますので、センサークリーニング、ファインダー清掃、レンズ清掃によりカメラもレンズもピカピカになりました!無料でこれだけの機材を清掃してくれますので非常に助かりました。



次にCanonの展示ブースで借りたレンズで撮った写真を載せたいと思います!

まず、EF100mm F2.8L マクロ IS USM!
写りが非常にイイ!と聞いていたのですが、自分の撮影ジャンル的にマクロレンズは使わないので、今まで触った事もありませんでした。折角の機会なので使わせてもらいました!
因に使用ボディは、なんとあこがれの1Ds Mark3です!!
カメラ診断 その12

カメラ診断 その13
マクロレンズなので、無難に花を撮影してみました(笑)
使ってみた感想ですが、評判通り非常にイイです!単焦点レンズの中でもトップクラスの解像力を誇るだけあって、抜群の解像度です!
1Ds Mark3の高解像度も相まって最高の写りをしてくれます。すごいねぇ!<(゚∀゚*)>
またこの日は風が若干強かったのですが、Canon初の「ハイブリット手ぶれ補正」を搭載していますので全然ブレません!



次に借りたレンズはこちらです、TS-E17mm F4L!
これまたマニアックなレンズですね(笑)このレンズは大判カメラのようにアオリ撮影ができ、主に建築写真を撮る際によく使われるレンズです。装着ボディは5D Mark2です。
カメラ診断 その14
ですが私はこのレンズの別な使い方で、写真家本城直季氏のようにミニチュア風写真を撮ってみました!
初シフトレンズだったので、あまり良く使い方がわからず撮影に苦労しました、、、、(^_^;)
一応一番ミニチュアっぽく撮れた写真を載せましたがどうでしょうか、少しはミニチュア風に見えますか?(笑)
実際に使ってみると非常に面白いレンズです。高すぎて到底買えませんが、、、(笑)


以上でカメラ診断の記事は終了です。今年は去年に比べ若干CanonとNikon両方ともブースが小さくなっているような気がしました、、、写真学科の学生数も年々減少しているのもその一因かもしれません、、、(^_^;)
個人的には、ペンタックスやオリンパス、シグマに参加してもらいたいのですが、、、、、(笑)


※話は変わりますが、、、、







X100が入院する事になりました!!早っ(笑)

別に私が壊した訳じゃありません(笑)
実は購入してから時々X100の操作音とシャッター音が鳴らなくなる現象が起きる事がありました。
で、今回のカメラ診断で富士フィルムが展示参加していましたので、富士の社員さんに見てもらう事にしました。
すると社員さん曰く、「申し訳ございませんが初期不良のようです、博多の富士フィルムサービスセンターに連絡を入れときますので、一度持って行ってもらえますか?」とのことでした。┏(。 。|||)┓ガックリ
そういう事で一昨日、博多の富士フィルムのSCに行ってきました!富士のSCに着くと早速見てもらいます。
SCの技術部の方に見てもらい結論としては、「スピーカー周りの接点不良、1〜2週間の入院」となりました。(^o^;
しかしながら富士のSCさんの対応はとても親切でした!、どこぞのCの付くカメラメーカーのSCも見習ってほしいものです(笑)
ですが一目惚れして買ったカメラです、この位の事では売り払いませんよ〜(笑)

しかしX100が無いと左肩が非常に寂しいです、、、、(T_T)
SCの帰り道、無意識の内に天神のキタムラでフィルムライカを触っていた事は内緒です(笑)
ライカ病は怖いですね、、、、
でも、、、ライカが欲しいです!

カメラ診断 その15



<本日の撮影機材>
1〜10枚目、Fujifilm X100
11・12枚目、EOS-1Ds Mark III + EF100mm F2.8L マクロ IS USM
13枚目、EOS 5D Mark II + TS-E17mm F4L


ゼミ展への道 その2 DM





只今、東日本大震災で被災した写真の洗浄・修復プロジェクト実施中!
詳しくは↓↓↓
リンク先
写心再会プロジェクト

明日はカメラ診断

皆さんこんばんわ、今日は蒸し暑かったですね〜。
若干メタボ気味な私には堪える季節がやってきました、、、(^_^;)
もうクーラーと三ツ矢サイダー無しでは生きて行けません!(笑)

さて本題、タイトルの通りなのですが、明日写真学科で「カメラ診断」があります。
私が唯一大学のイベントで毎年楽しみにしているものです!
明日はカメラ診断 その1
カメラ診断については次回詳しく書こうと思います。


今日は明日のカメラ診断に向けて、防湿庫から自分の持っているカメラを全部引っ張りだしました!
今はカメラのストラップを輪ゴムでまとめたり、ブロアーをかけたりしています。
明日はカメラ診断 その2
意外と少ないでしょ?(笑)
しかしこうやって並べてみると、よくもこんなに買ったなぁと我ながら思います。(^o^;)
ただなんと言いますか、非常に私が持っているレンズのバランス(焦点距離)が悪いですね(笑)
24mm、70-200mm、300mm、500mmとまぁ、、何とも、、、(笑)


が!、これを全部学校まで運ぶのが一苦労なんです、、、ヽ(T-T)ノ
毎年カメラ診断前日はこの大荷物をどうやって運ぼうか悩むんですよねぇ〜(^_^;)
さて今年は一体どうやって運ぼうか、、、、


<本日の撮影機材>
Fujifilm X100



ゼミ展への道 その2 DM





只今、東日本大震災で被災した写真の洗浄・修復プロジェクト実施中!
詳しくは↓↓↓
リンク先
写心再会プロジェクト

新兵器

 皆さんこんにちは、2日続けての更新ですが、いよいよ「例の新兵器」について書きたいと思います。
カメラに詳しい人なら、6月11日のぼかしが掛かった写真でもおわかりになったかと思いますが、正解はこちら!














例の新兵器
富士フィルムの「FinePix X100」です! キタ━━━━(゚∇゚;)━━━━ !!!!!
実は私、このカメラが去年のフォトキナで発表されて以来、ずっと気になっていました!
以前より「M型ライカの様なクラシカルなデザインで、ライカより安いデジイチ(デジカメ)が欲しい!」と常々思っていましたが、「フジがやってくれた〜!」と当時は興奮していました。

が、

今年に入ってX100が正式発表されるとネガティブな情報が入ってきます、、、販売価格が約12万、、、Σ(゜◇゜;)
当時5D Mark2を買ったばかりの自分にはとても手が出せませんでした。(^_^;)
12万円という高い価格設定や、発売当初の「ファインダーの傾き問題」や「操作性の悪さ」も相まって購買意欲が徐々に弱まっていました。
しかし!ヨドバシカメラでモック機を触ったが最後、その今まで一眼しか使った事の無い私にとっては衝撃的な軽さとデジイチ級の写りにやられてしまいました、、、(笑)
とはいえ新品はまだ約11万弱しますので、マップカメラさんにて新品同様のX100を購入した次第です。(^_^)

さて、ここからは3週間程X100を使ってみて感じた「良い所」と「悪い所」をレビューしようと思います。
まず、

<良い所>
・軽い!
これはやはり一眼を使っている自分としては大きなアドバンテージです。私は元々1D Mark4
を持って行ってましたが、やはり重い、、、そこで5D Mark2を購入しこちらを最近まで持ち歩いてました。しかし私は最近毎日のようにノートPCをカバンにいれて登校するようになったので、その分更に軽いカメラが欲しくなりました。そこで白羽の矢が立ったのが、このX100でした。
         1D Mark4・・・約1200g(レンズを含めず)
         5D Mark2・・・約800g(レンズを含めず)
         X100・・・約500g
見ての通り、X100が非常に軽い事が分かります。
またデジイチと違ってボディの大きさも小さいので、突然の雨や授業の時などサッとカバンにしまえる所もgoodです。    

・画質が良い!
これはAPS-Cのセンサーを使っていますので、富士フィルム自身も「デジタル一眼クォリティーの画質」と言っています。X100のCMOSセンサーはソニー製CMOSをベースに富士フィルムがカスタムしているという話や、そのセンサー専用に設計された固定式フジノンレンズの組み合わせにより、同じソニー製1200万画素センサーを搭載している、ニコンD90やペンタックスK-rと同等レベル、もしくはそれ以上の画質だと思います。
絵的には、かつて富士フィルムが出していたデジイチS5 Proのそうにフィルムを思い出させる「艶」のある色合いでは無く、非常に素直な絵作りだと思います。個人的にはニコンのデジイチが吐き出す絵に似ていると思います。
ただX100はフィルムシミュレーションを搭載していますので、ベルビア調やアスティア調などを楽しめます。
ホワイトバランスも非常に優秀だと思います。
高感度性能に関しても、APS-Cとしては非常に優秀な部類に入ると思います。ニコンのD7000に迫る高感度性能だと思います。私の感覚ではISO3200まではOKかなっと使ってみて感じました。


では逆に、

<悪い所>
・カメラ的に問題がある、、、
これを言ったらカメラとして終わっているのでは?と思われるかと思いますが、写りは良いんです!スゴく!
ただ起動が遅い、スリープ状態からの復活が遅い、背面ダイヤルのクリック感が最悪、またCanonをずっと使っていたからでしょうか、Canonの洗練された無駄の無いユーザーインターフェイスと比べるとX100のユーザーインターフェイスとでは天と地程の差があります。何でも富士フィルムのデジカメのユーザーインターフェイスが複雑なのは昔かららしいようですが、、、(笑)
非常に設定画面は複雑で、自称メカに強い自分でさえこのカメラに慣れるのに半日かかりました、、、、(^_^;)
その他にも、バッテリー室の問題やMFの事もありますが、挙げだしたらきりがないのでこのくらいにしときます。(笑)
ただユーザーインターフェイスに関しては、ファームウェアのアップデートで対応できると思いますので、今後の富士フィルムの対応に期待です。



例の新兵器 その2



フィルムシミュレーション”ベルビアモード”
例の新兵器 その3



例の新兵器 その4



以上のように自分が使ってみた感想を書きましたが、
結論としては、「万人受けするカメラじゃない!」と言う事です。(笑)
自分としては欠点の無い完璧なカメラよりも、こういった良いとこもあるけどクセの強いカメラの方が使っていて楽しくなります。私が好きになる女性のタイプと一緒ですね、、、(笑)
個人的には、30万円位の値段でフルサイズ、レンズ交換式(ライカMマウント)で、一切妥協せずに作ってもらいたいです。
ただX100を使っていると、何故か無性に「M型ライカ」が欲しくなってきました、、、、(笑)
無意識の内に、カメラ屋やネットショップでライカを探しています、、、
これが「ライカ病」ってやつなんでしょうか?、、、(笑)
以上、「写真は好き、カメラは大好き!」な某大学生のX100レビューでした。

因に今回記事で使っている一枚目の写真は先日、商品撮影の実習授業で撮影しました。我ながら奇麗に撮れていると思うのですがどうでしょうか?(^_^;)


<本日の撮影機材>
1枚目、MAMIYA RZ67+Phase one
2・3・4枚目、Fujifilm X100



ゼミ展への道 その2 DM





只今、東日本大震災で被災した写真の洗浄・修復プロジェクト実施中!
詳しくは↓↓↓
リンク先
写心再会プロジェクト

ゼミ展への道 その3

 皆さんこんばんわ、今日は頼んでおいたポストカードが到着しました!
依頼した所は、前回のDMを依頼した所です。


 早速開封!一人当たり250枚あります。
ゼミ展への道 その3 01



 次に一人一人のDMを並べて見て見ます。
ゼミ展への道 その3 02




が、!
ゼミ展への道 その3 03
 全然色が違うジャン、、、、,_| ̄|○
多少画面の色と違う事は認識してましたが、ここまで違うとは、、、、、(T∇T;)
実際元データに比べ、シアンやグリーンがのって、コントラストが弱い、メリハリの無い中途半端なポストカードになっています。
約5000円払ってこのザマかよぉ、、、、、、他のゼミ生のポストカードもかなり違っているようでした。
ここまで違うと制作会社に文句を言いたくなってきます、、、ヽ(`⌒´#)ノカネカエセ~


 こんな感じですが、着々とゼミの準備は進んでいます。
あっ、早く作品のキャプション(説明文)を考えなくては、、、、( ̄- ̄;)
今日も眠れそうにありません。(笑)



因に、今日は夕日が奇麗でしたね。ここの所2・3週間あまり天気が悪かったので久しぶりに見た奇麗な夕方でした。
ゼミ展への道 その3 04


最後にmarianaさんへ、もう少し飛行機写真お待ちください。過去データの中から厳選中です。(笑)

本日の撮影機材
???








只今、東日本大震災で被災した写真の洗浄・修復プロジェクト実施中!
詳しくは↓↓↓
リンク先
写心再会プロジェクト

ゼミ展への道 その2

 皆さんこんばんわ、只今ゼミ展の準備で非常に忙しいのでブログの更新が遅れてます、、、(笑)
すみません、、、m(_ _ )m
できる限り空いた時間を見つけて更新していこうと思いますので、よろしくお願いします。m(_ _ )m

 さて今日は前回の記事の続き、「ゼミ展への道 その2」を書きたいと思います。
前回のポスター制作から、一昨日までの主な出来事を書きたいと思います。


 まず5月30日、この日は自分が撮影した島の写真(約1000枚)の中からどれを選んで展示しようかPCとコンタクトシートとにらめっこしてました。(笑)
ゼミ展への道 その2 01



 次に6月2日、この日はポスター制作の続きを行っていました。
前回の記事に書いたポスターは大学に貼るポスターでした。今回のポスターはゼミ展を行う美術館に貼る分です。
前回のポスターサイズはB1でしたが、今回のポスターサイズはB2とA3です。プリント枚数は前回より多かったですが、サイズ的には前回より一回り程小さい事と、ラミネート加工を今回はしなくてよかったので前回の半分の時間で完成させる事ができました!(o^_^o)
ゼミ展への道 その2 02



 そして6月6日、この日は悩みに悩んでやっとセレクトした島の写真を作品にしていく為、画像補正(レタッチ)を始めました! これまたこの作業が大変なんですよね〜(笑)
写真をやっている人はわかると思うのですが、パソコンの画面で見た写真の色とプリントした写真の色が全然合いません。自分の出したい色合いが出ずに半ベソ状態です、、、、モウダメ・・・_| ̄|○
ゼミ展への道 その2 03
 因に、PCの隣に映っている奴は「例の新兵器」です!、、、、(゜゜)エッ!?
この新兵器については次回にでも記事にしようと思いますのでお楽しみに〜。
一応ぼかしを入れてますが、カメラ好きの人ならおそらく分かるんではないでしょうか?(笑)
そうです、最近話題になった「例のカメラ」です。
 さらに更に、この日は自分の21歳の誕生日でした。しかしながらもうこの年になると誕生日も全然特別な日ではなくなってしまいますね、、、、(笑)
それでも自分の誕生日を覚えていてくれて、誕生日プレゼントをくれたゼミの友達。誕生日おめでとうメールをくれた高校の時の友達には感謝です! (*・∀・)ノありがとー 
そして何より自分を生んでくれて、バカ息子の為に高い授業料払って大学の写真学科なぞに通わせてもらっている親に感謝です!



 最後に一昨日の6月9日、この日は外注で頼んでいたDMが到着しました〜!\(・∇・)/
これで約1000枚、これが札束だったらいいのに、、、、、(・q・*)ダラ~
ゼミ展への道 その2 04
 ポスターデザイン同様、DMのデザインも自分が制作しましたので、DMが送られてくるまで「失敗していないだろうか、、、」「誤字脱字は無いだろうか、、、」と冷や冷やして到着を待っていました。(笑)
出来上がりを確認しましたが、幸いにもDMは問題ありませんでした。(´∇`) ホッ


 こんな感じでゼミ展の準備をしていました〜。写真はありませんが、昨日は展示で使う額の個数を申請したり、作品のレイアウトを考えたり、本番のプリントで使用する特殊なプリンタでテストプリントをしてみたりと、色々と忙しい日々を送っています、、、、(笑)時にはゼミ室に泊まり込みで、徹夜作業をしながら頑張っています!

 いよいよゼミ展本番まで一ヶ月を切りました!今から更に忙しくなると思いますが、時間を見つけて「ゼミ展への道」を書いていこうと思いますのでよろしくお願いします。m(_ _ )m


 最後に、今回の記事よりゼミ展の場所・日時などが書かれたDMをを下の欄に載せてます。
ブロガーの皆さんの中でもしよろしければ、ブログで紹介して頂いてもかまいません。
ゼミ展詳細は下のDMに書いていますので、もしゼミ展期間中に博多方面に来られる事がありましたら、是非見に来てください!よろしくお願いしますm(_ _ )m

<本日の撮影機材>
1・2・3枚目、iPhone4
4枚目、???



ゼミ展への道 その2 DM





只今、東日本大震災で被災した写真の洗浄・修復プロジェクト実施中!
詳しくは↓↓↓
リンク先
写心再会プロジェクト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。