スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼミ展への道 その1

 皆さんこんにちは、まず最初に前回の記事「写心再会プロジェクト」への賛同・コメントありがとうございます。早速marianaさんを筆頭に何人かのブロガーさんが宣伝してくださっているようで「写心再会プロジェクト」のサイト、私のブログの閲覧者数がちょっぴり増えたようです。(笑)ご協力本当にありがとうございます。m(_ _)m
今後プロジェクトに進展(依頼がキター!)などございましたら、ブログにて報告させて頂きますのでよろしくお願いします。また当分の間、記事の最後に「写心再会プロジェクト」のリンク先をのせていきます。


 さて今日の本題は、私の所属するゼミナールの写真展について記事にしてみました。
まず始めに、私の所属しているゼミナールは写真学科のゼミの中で一番アグレッシブといいますか、、、活動的といいますか、、、一年に夏(7月頃)と冬(11月頃)の2回写真展を行っています。そして今回のゼミ展は今年第一回目のゼミ展です。また私にとっては初めての本格的な写真展ですので力が入ります!p(^ ^)q
今回夏のゼミ展はテーマが毎年決まっており、写真のテーマは「島」です。ゼミ生17人が全国の島、近場では福岡の島から、遠くは沖縄の島までそれぞれ行き撮影してきました。
 私は今回、大分県津久見市にあるとある島へ撮影に行ってきました。このお話はまた後日に置いといて、、、
本日の記事より、写真展の準備から〜写真展本番〜写真展終了までを記事にしていこううと思いますので、興味のある方はお付き合い頂けたらなと思います。(o^_^o)


 さて、ゼミ展までの道のり第一弾といたしまして、昨日作業をしたポスター制作について記事にしたいと思います。実はゼミ展の準備が本格的に始動したのは約1ヶ月前からでして、その際にそれぞれ役割分担を決めました。私の担当は、DMとポスターのデザインです。高校時代は美術部でデザインをやっていましたのでちょっとだけ自信がありました。(笑)それから1ヶ月間、学校で徹夜をしながらDMとポスターのデザインを制作してきました。ただ他のゼミ生の意見を取り入れながらの作業でしたので、みんなの意見を汲み取りながら一つの作品として作り上げるのに非常に苦労しましたヽ(^_^;)ノ
 そんなこんなで悪戦苦闘しながら、やっとポスターデザインの方が完成しました。そして本日はテストプリント、ポスターデザインの最終調整、本プリント、そしてラミネート加工とカッティング、ポスター掲示の申請、最後にポスターの張り付けと怒濤の一日でした(^_^;)
私自身、半日あれば終わるだろうと安易に考えておりましたが、結局一日仕事になってしまいました、、、、折角スタジオで商品撮影するはずだったのに、、、、( ̄。 ̄;) ちぇっ

それでは今日行った事の説明を写真と一緒に見ていこうと思います!

 まずは写真のようにポスターのテストプリントをしてみます。そしてプリントしたポスターを壁に張り付け、文字フォントや大きさ、位置の微調整をします。
パソコンの画面でわからないような小さな粗もこの位大きくプリントするとすぐにわかってしまいます。(汗)
20110527-IMG_0283.jpg
2回ほどテストプリントを行い微調整、いよいよ本プリントに入ります!


 そして本プリント!写真学科の巨大インクジェットプリンター(60万円するらしい、、、高っ)でプリントします。プリント時間は、、、、一枚15分、、、、(゜゜)エッ!?
まあサイズがB1サイズなんで(^_^;)、、、、たった10枚プリントで2時間半、、、、( ̄□ ̄;)
しかも排出されたプリント用紙を折れ目がつかないように広げなければいけないのでパソコンの前から離れられず、、、(T△T;)
Youtubeで航空祭の動画を見ながら時間を潰しました(笑)


 そしてプリントが終わったら、次はラミネート加工です。プリントしたポスターをラミネーターに入れてポスターをラミネートしていきます。そしてラミネートし終わったら、ラミネートフィルムの余分な部分をカッターでカットしていきます。
20110527-IMG_0287.jpg
間違ってポスターを切らないよう慎重にカットします。ラミネートするだけでもポスターに高級感が出てきます。(o^_^o)


 そしてポスターの貼付けを申請しにいきます。芸術学部の事務所で簡単な手続きの後、ポスターに掲示許可の判子を押してもらいます。


 いよいよラスト!ポスターの張り付けです。10枚しか無いのでできるだけ目立つ場所に張ります。
ポスターを張る場所確保の為に、期限の切れているポスターさん達には退場してもらいました。(笑)
20110527-IMG_0289.jpg
写真のように目立つ場所10カ所にポスターを張り、やっと終了!ヽ( ´ー`)ノ


 長くなりましたが、こんな感じの一日でした。
時間はかかりましたが、非常に良い感じのポスターになりました。印刷会社顔負けのポスターです!
本当PhotoShop一つでよくここまでできたなと、、、自分を褒めます。(笑)
自分がデザインしたポスターがこうやってみんなに見てもらえる、、、、約一ヶ月間徹夜で頑張ってきた甲斐があるというもんです。(≧◇≦)感激!
ゼミ展終わったらこのポスター貰って帰ろうっと、、、(笑)

 最後に今日わかった事、自分達払っている高い授業料は機材(ほとんど使わない大型プリンターやラミネータ−)に変わっているという事がわかりました。(笑)
そんなにカネあるなら写真学科のiMac新型にしろ〜!ヾ(`ロ´;)
未だに写真学科のiMac、PhotoShopはCS初代なんです、、、、(TーT)

本日の撮影機材
iPhone4








只今、東日本大震災で被災した写真の洗浄・修復プロジェクト実施中!
詳しくは↓↓↓
リンク先
写心再会プロジェクト
スポンサーサイト

写心再会プロジェクト

 こんにちは、本日は「写心再会プロジェクト」を紹介したいと思います。
写心再会プロジェクトとは何ぞや?それを説明するにあたって、まずこのプロジェクトの内容と始めた経緯についてお話しようと思います。

 前回の記事で書いた通り、私は現在大学の写真学科で写真を学んでおります。そして今回日本の歴史上類を見ない大震災「東日本大震災」が起きました。私が生まれてから早20年、これほど衝撃的を受けたのは今回が初めてでした。リアルタイムで見た津波の映像は一生私の記憶から消える事は無いでしょう。震災当初より写真を学んでいる自分に何ができるか?そのような事を震災当初より考えておりました。それは同じゼミのメンバーみんなも同様です。写真家なら現地に行って写真を撮るべきなのかもしれません、しかし今現地に行くという事は現地の人に迷惑をおかけする可能性があるという事、まだ写真家でもないヒヨコの自分が出しゃばって行くべきではないと思い、他に自分たち写真科学生ができる事を考えました。

 そこで他のゼミ生や教授と話し合った結果、私の所属しているゼミの教授を筆頭にゼミ生全員で、今回の震災で泥を被ったりして汚れてしまった写真を洗浄する取り組みを行う事になりました、それが「写心再会プロジェクト」です。もう既に現地にて大手フィルムメーカーの社員さんやカメラ屋さんなどが似たような取り組みをしていますが、写真の修復・洗浄に必要な機材は被災地より当方の写真学科の方が充実しております。

 そこで本題なのですが、もしこの記事を読まれました方で、今回被災されました方、親族が被災された方で、震災で写真もしくはアルバムなどが泥を被ってしまったので修復・洗浄を希望される方がいましたら、下記の「写心再会プロジェクト」をクリックしていただき、そのページに記載されてます連絡先にご連絡してもらえると有り難いです。まだ1件も依頼が来ていませんのでどしどしご依頼ください!ゼミ生一丸となって修復させていただきます!

 またこの記事を読まれましたブロガーさん、訪問者様へのお願いです。もしよろしかったらこのプロジェクトを宣伝していただければ幸いです。このプロジェクトを是非多くのみなさんに教えてほしいのです。

私たち写真学科は多くの写真を救いたいと思っています!
それではよろしくお願いします。m(_ _)m

リンク先
写心再会プロジェクト

はじめましてのご挨拶

みなさん、初めまして。
本日からブログを開始いたします某大学生と申します。
ブログのタイトルのとおり、とある大学の写真学科で写真を学んでいる大学3年生です。
周りから「ブログを作れ~」「ブログを作れ~」と再三言われてましたので、とりあえず作りました(笑)
主に撮影しているジャンルは航空機ですが、写真学科学生という肩書きですのでその他様々なものも撮影しています。
といいましても、写真学科学生だからといって写真は上手ではなくヘタクソですので、その辺ご了承ください(笑)
このブログでは、飛行機写真を中心に、その他ジャンルの写真、大学の写真学科ネタ、カメラネタ、政治ネタ、その他様々な事を記事にしていこうと思っています。
毎日記事を更新できれば一番いいのでしょうが、ネタがそんなに出てきませんのでボチボチやっていきたいと思います(笑)
本日はこの位にして、ブログ初記事を終わりたいと思います。

それでは、皆さんよろしくお願いします。m(_ _)m
某大学生A43J8642.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。