スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バッグ沼

カメラの世界には”沼”と呼ばれるものがあります。
要は、カメラを買ってしまうとさらに性能のいいカメラ・レンズなどが気になってしまい気づいたらどんどん購入してしまう事を、俗に”カメラ沼にハマる”とか言ったりします。

ボディ沼レンズ沼三脚沼、、、、、と様々なカメラ沼がありますが、一番厄介な沼が”カメラバッグ沼”だと思います。
なぜかと言うと、カメラのボディやレンズと違ってカメラバッグは一度購入してしまうと後々使わなくなって処分(売る事)する事になっても、売るのが面倒くさい・二束三文にしかならないからです (^ ^;)
そんな訳で、カメラを趣味とされている方も押し入れにいくつものカメラバッグがあるのでは?(笑)
かくいう私自身も、ショルダータイプからリュックタイプのカメラバッグまでいくつか持っていて、押し入れで眠っています。


さて本題、私は今までゴーヨンを運ぶ為に無印良品のお正月セールで980円で購入したキャリーバッグを使っていたのですが、先日の築城航空祭の後キャリーのハンドルが半分壊れまして、、、、、
かれこれ4年近く航空祭の遠征で使いましたので、980円の元はもうとっくに取れたでしょう(笑)

そんな訳で、新しいカメラ機材を運ぶバッグを悩み中です。

特にヨンニッパやゴーヨン、ロクヨンなどの大砲レンズをお使いの方は、私と同じように持ち運ぶバッグ選びに苦労されているかと思います。

そこで私が新しいカメラバッグに求める条件としては以下の通り。

・機材(1D4 5D2 500mm 70-200mm エクステンダー 受信機などなど)が全部入る事
・MacBook Pro 15が入る事
・飛行機に手荷物として持ち込めるサイズである事
・できれば1D4に500mmを装着した状態でバッグに入る事

この4つが主な条件でした。

主に私が航空祭へ遠征する際は、バスや電車など公共の交通機関を使って行く事がほとんどで、泊まりともなると着替えなども持って行かなければならず、出来るだけ撮影機材はコンパクトにひとまとめにしたいのです。

そしてこの4つの条件を大体満たす候補のバッグが以下の3つです。


まずはリュックタイプの
”シンクタンクフォト エアポート・アクセレレーター”
バッグ沼 02
ほかの候補よりも値段が一番安く、一番軽い所がメリットです。
ただ他の2つよりも容量がほんの少し小さく、リュックタイプで背負う事オンリーなので長距離移動する場合疲れそうです。


次は今使っているのと同じタイプであるキャリータイプ
”シンクタンクフォト エアポート・インターナショナルv2.0”
バッグ沼 03
候補の中で一番収納力があります(ほんのちょっとの差ですが、、、)
そしてキャリータイプなので、持ち運ぶ場合疲れません。
ただ撮影ポイントの悪路や駅の階段などを進む時には、キャリーを持ち上げて運ばなければいけないので、その際リュックタイプに比べて苦労しそうです。
そして一番値段が高いです(笑)


そして最後が
”シンクタンクフォト エアポート・テイクオフ”
バッグ沼 04
このバッグの特徴は見ての通り、キャリーバッグでありながら非常時にはリュックタイプのバッグになる事です。
上の2つの良い所どりをしたバッグです。
これなら長距離の移動ではキャリーで転がせますし、悪路や階段ではリュックにして運ぶ事が出来ます。
このバッグのデメリットは、キャリーのハンドルとリュックのショルダーの両方が搭載されている分、バッグ内部がフラットでは無く段差があることです。
なので上の2つのバッグと違い私の条件の一つである、1D4に500mmを装着した状態で収納する事が出来ないのが、このバッグ最大のデメリットです。


早速、今年の新田原では実際に投入したいので早く決断しなきゃいけないのですが、どうしたものか、、、、(^ ^;)
スポンサーサイト

iPhone5を購入

と言う事で、2年間使ってきたiPhone4から今話題のiPhone5へ買い替えました!(^o^)/


iPhone5を購入 01


予約開始日14日の16時に予約、、発売日の21日に受け取る事が出来ました。
ヨドバシカメラで予約しようと14日の10時頃にお店に行ってみましたが、既に並んでいる人が、、、、(^ ^;)
と言う事で、博多のauショップで1番乗りで予約していました。


キャリアは、au

iPhone4が発売された時は、まだソフトバンクしかiPhoneを販売していませんでしたのでソフトバンクを使ってきましたが、私の家族はみんな昔からau(全員iPhone 4s)、、、、
かくいう私もソフトバンクにいくまではauを使っていましたので、出戻りです(笑)
また、ソフトバンクよりauの方が電波が強いと言われているのも移った理由の一つです。


iPhone5を購入 02


さて使ってみた感想ですが、、、、
やはり動作が速いですね〜
ソフトバンクのiPhone4からの買い替えなんで、いっそう早く感じます。
3G回線、wifi環境共々iPhone4と比べ物にならない位、ネットがサクサク開きます。

そして新世代のLTE !
まだ福岡市内では、博多駅周辺など市内中心部付近でしか電波がキャッチできませんが、、、、
こちらは、さらに速度が早いです!
wifiよりも速度が早く感じます。

そしてiPhone5もう一つの目玉、テザリング機能 !
いままで日本版iPhoneのみこの機能が使えない様になっていましたが、ようやくiPhone5で搭載してくれました!
ただ発売日よりこのテザリング機能が使えるのはauのみ、、、、ソフトバンクは来年から対応するみたいですね。
早速試してみたのですが、問題なく使える速度でした。
これで無線LAN環境のない所で、ノートPCでネットが出来ます!

また予想通り、auなので電波が安定している印象です。
ソフトバンクを使っていると建物の中や地下など、時々アンテナが立たない場所が私の生活範囲に所々ありましたが、auではそんな場所でも問題なく使えました!

iPhone5自体も、iPhone4からさらに薄く軽く液晶が大きくになりましたのでとても使い易いです!(´▽`)

ソフトバンクと違うメールの設定などまだ完全に設定できていない部分がありますが、、、、
スマートフォンを手放せない私にとっては、最高の相棒になってくれそうです!

パンケーキ

皆さん、こんばんわ。

ゼミ展の方は無事大盛況の内に終了しまして少し時間の余裕が出来ましたので、先日購入した「EF40mm F2.8 STM」を少し使ってみての感想を書きたいと思います。


発表日にキタムラで速攻予約したので発売日には受け取れたのですが、ゼミ展準備中でしたので中々取りに行く機会に恵まれず、結局ゼミ展期間中に会場へ行く途中に取りに行ってきました〜
キタムラの店員さん曰く、やはり私の予想通りこのパンケーキレンズも品薄だそうです。
D800を始めとして、カメラ関連は品薄の商品が最近多いですね〜
カメラは不景気知らずでしょうか?(笑)
家電製品や自動車などでは隣国の勢いに押されていますが、カメラ分野はまだまだ世界一なので、キムチなんかに負けないで欲しいです。
初パンケーキ 01


5D2にパンケーキを付けた図
初パンケーキ 02

横から見た図
初パンケーキ 03
さすがパンケーキ! 薄いですね〜


ついでに1D4にも付けてみました!
初パンケーキ 04
デカボディ+小さいレンズですが意外と様になっています(笑)
因に1D4だとAPS-Hなので焦点距離は、40mm×1.3=52mm となります。
APS-Hカメラで50mm相当の単焦点レンズって純正では今まで無かったので、APS-Hユーザーには待望の標準レンズなのカモ。



天神のキタムラでこのレンズを受け取りましたので、早速店頭で装着してそのまま天神〜博多をテスト撮影がてら”スナップって”きました!(笑)
因に写真は全部”開放(f2.8)”での撮影で、ノーレタッチです。

初パンケーキ 05


初パンケーキ 06


初パンケーキ 07


初パンケーキ 08


初パンケーキ 09


初パンケーキ 10


そういえば、福岡は”山笠”の季節です!
初パンケーキ 11


なぜかサザエさん(笑)
初パンケーキ 12


初パンケーキ 13
実は去年山笠を見に行ったのですが、、、、、今年はどうしようかぁ〜
いい位置を確保するため、徹夜で場所取りをしましたね。
航空祭の開門待ちの比では無い位キツかったです、、、(T_T)
それでもテレビの生中継に映ったし、見るには一番良い場所の最前列を確保できたし、目の前で山笠を見る事が出来たのでそれはそれで良い思い出でしょうか?(笑)



さてさて話を戻しまして、、、パンケーキレンズを少し使ってみての感想ですが
やはりレンズが薄いので、とても軽くて取り回しがし易いですね〜
レンズがついていない様な感覚になります。
レンズを装着したまま鞄に入れても、まったくかさばりません!
レンズの造りに関しても、2万円以下というとても安い割にはしっかりと作っています。
さすがに金属鏡筒では無いですが、チープさは感じないです。
マウントもプラスチックでは無く、金属マウントなので剛性はしっかりしていると思います。


そして一番驚いたのが、ピントリングの回し易さ!
個体によって違うのかもしれませんが、自分のレンズはピントリングのトルク具合がとても良いです!
パンケーキよりも何倍も高価なLレンズと同じ位、気持ちよく滑らかに回ります。
正直このパンケーキレンズと同価格帯のNikonレンズのピントリングとは比べ物にならないです(笑)


写りに関しても、素晴らしいです!
開放値(f2.8)からしっかり解像してくれます。
周辺部もしっかり解像してくれますし、ボケもとてもいい感じです。
写真を見ての通り、開放値だと周辺減光が少し目立ちますが、これはこれで面白いです。
私自身、周辺減光は”味”だと思っていますので、、、、大好きです。


気になるAFについてですが、さすがに高価なLレンズのUSMほど合焦は早くないですが、それでも気になる様な遅さではないです!
スーっと途中戸惑う事無く被写体にピントが合ってくれます。
AFの駆動音に関しても、古いレンズの”ジーコ・ジーコ”といううるさい音は無く、”キュイーン・キュイーン”という音がします。でも小さい音ですのでほとんど気にならないです。


もしパンケーキレンズのデメリットをあげるとしたら、カメラの電源を入れないとピントを合わせる事が出来ないという事だと思います。
電源を入れないと、ピントリングを回してもフォーカスは動きません。
そして電源が入った状態でAFの時に、ピントリングを回してもフォーカスは動きません。
なのでAF時のMFでのピントの微調整ができません。
ピントリングでピントを合わせるには、MFに切り替えなければいけません。
まぁそんなピント合わせを普段する事は無いと思いますので、気にならないとは思いますが、、、、、(^ ^;)
どちらかと言うと、ピントを合わせる為に迫り出した鏡筒が電源を切っても迫り出したままな状態の方が、使っていると気になるかもしれません、、、、


さて結論ですが、、、、実売価格18000円という一眼レフのレンズとしては非常に安いレンズですが、とても良い写りをしてくれるレンズです!
お散歩カメラにはうってつけのレンズだと思います。
Canonユーザーさんは持っていて損は無いレンズです!


しかしCanonの出す最近の新型レンズはどれも素晴らしい写りをしてくれますね〜
従来のCanonレンズではイマイチだった開放値も、新型レンズでは開放値でもしっかり解像してくれます。
Canonの新型レンズは、NikonのGタイプレンズと互角、もしくはそれ以上の性能を持っていると思います。
それでもCanonに足りないものは、やはり”ナノクリ”でしょうか(笑)
でもそんな良いレンズを作れるからこそ




発売日は守らんかい!!
<キヤノン、「EF 24-70mm F2.8 L II USM」を9月中旬に発売延期>
http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120705_545026.html

これで延期は何度目でしょうか?
Canonに対しての文句を言えばキリが無いので一言

”こんな一般ユーザーを舐めた様な愚行を繰り返していると、いくら良いレンズやカメラを作っても、本当にユーザーに見放されますよ?Canonさん”



本日の撮影機材
1〜4枚目、Fujifilm X100
5〜13枚目、EOS 5D Mark II + EF40mm F2.8 STM




新兵器・改

新兵器を導入して、わずか3週間、、、、
たまたま見つけたのが運のツキ。
やってしまいました、ポチってしまいました、、、、\(^o^)/

新兵器(通称;D3S)は、わずか3週間という短い出会いでドナドナされていきました。
本日新たな「新兵器・改」がやってきます。
島の撮影はこれで行う予定です。

これで当分Canonのカメラは買えないでしょう。
と言いますか、Canonが反省するまでCanonのカメラは買わないでしょう(笑)


詳しいお話はまた次回、、、、
あっ、レンズを探さなくては、、、、(笑)

新兵器・改

新兵器 弐号

皆さんこんばんわ、更新遅れてすみません。

私の更新が遅れている間に、今年もあと残り2日!(笑)

今年を振り返ってみると、公私共々いろいろな事がありました。
初めてのゼミ展、、怒濤の航空祭シーズン、、、と様々な事がありましたが、両方とも無事終了しましたのでとても充実した1年だったと思います。


さて今日は航空祭の記事を書こうと思いましたが、また新兵器を導入しましたのでその記事を、、、

その新兵器がこちら!
新兵器 弐号 01
MacBook Proです。(^o^)/

私は元々MacBook Pro 13インチを使っていたのですが、今回のゼミ展で作品を作る時、A1サイズの画像データをPhotoshopで弄るとPhotoshopの動作が非常に遅くなるのでイライラして不満爆発! (ノ ̄□ ̄)ノ ~┻━┻
そこで13インチよりスペックの高い15インチへステップアップする事にしました〜(^o^)/



imac 24インチとMacBook Pro 13インチ・15インチの大きさの比較♪
新兵器 弐号 02
わずか2インチの差ですが、実際に使ってみると結構大きくなったように感じます。

そして画面解像度も13インチの1,280 x 800から、15インチの1,440 x 900にレベルアップ!
実際写真学科の生徒や先生、写真業界でもこの15インチモデルを使っている人が多いです。
もしくはこの上のサイズの17インチモデルといきたい所ですが、、、、、、何分重い!(笑)
MacBook Proは全面アルミボディの為、質感抜群ですが重量も抜群!(^ ^;)
この15インチでも約2.5キロ、、、17インチに至っては約3キロ、、、、(^ ^;)
もはや金属の板を持ち歩いている感じです(笑)
そんな事もあり私は15インチを選択〜。


この15インチの標準装備でも13インチより動作は早いのですがこの際、
以前からやってみたかった、”今出来る最高クラスのスペックにしてみよう”と言う事で自分でバーツを買ってカスタマイズしてみました! (`・ω・´)



そこで購入したのがこちら。
新兵器 弐号 03
512GBのSSDです!
これを15インチに搭載されていたHDDと交換。

ちなみにSSDを知らない人の為に、簡単にSSDを説明。
SSDを一言で言うと、USBメモリってありますよね? こんなやつ↓
新兵器 弐号 05
これの容量の大きい物(今回で言うと512GB)がHDD(ハードディスク)の代わりに、パソコンへ搭載できる。
と言う感じです(笑)

次にHDDに大してのSSDのメリット・デメリットを簡単に説明
SSDのメリットは、
・HDDより動作が速い
・HDDより衝撃に強い
・HDDより動作が静か

逆にデメリットは、
・HDDより値段が高い
・使い方によってはHDDより寿命が短い

といった感じです。

さらに今回は”最速MacBook”を目指すべく、メモリも標準装備の4GBから16GBに取り替え!

いま現在MacBook Proに搭載できる最高のメモリとSSDを搭載してみました!
これにて”現在最高クラスのMacBook”が完成!



完成したので、早速今持っているiMac(HDD)とMacBook Pro 13インチ(HDD)と動作の早さ比べをしてみました!
新兵器 弐号 04
Macのアプリ「Disk Speed Test」を使って、それぞれのパソコンの書き込みと読み込みの早さを測定。

結果は以下の通り、
iMac(2009モデル 4GB HDD)・・・・書き込み70.7MB/s 読み込み70.2MB/s
MacBook Pro 13(2011モデル 8GB HDD)・・・・書き込み76.3MB/s 読み込み75.3MB/s
MacBook Pro 15(2011モデル 16GB SSD)・・・・書き込み256.9MB/s 読み込み515.6MB/s

結果として書き込みは約3倍強、読み込みは約7倍という大変満足のいく結果になりました! \(*^o^)/ヤッター



1週間使ってみて感じた事は、、、やはり早いですね〜(笑)
パソコンの起動時間も電源ボタンを押して約10秒でデスクトップが表示されます、、、、驚異的です! (^ ^;)
これはSSDの恩恵ですね!
また、Youtubeで音楽を聴きながら、Photoshopで写真編集、LightroomでRaw現像を同時にしながら、さらにIllustratorを起動しても、問題なくサクサク動いています。これは16GBメモリの恩恵ですね!(^o^)
このSSDの早さに慣れてしまったので、もうHDDのパソコンには戻れません!(笑)

出費はかさみましたが、16GBメモリとSSDにして良かったと思います!
皆さんも今のパソコンの動作に不満がございましたら、まずメモリを交換してみたらいかがでしょうか?
メモリは比較的安いですし、素人でも簡単に交換できますので是非お試しあれ。


それでは皆さん良いお年を〜(^o^)/




本日の撮影機材
Fujifilm X100





只今、東日本大震災で被災した写真の洗浄・修復プロジェクト実施中!
詳しくは↓↓↓
リンク先
写心再会プロジェクト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。